読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モバイルライフハック

お金を増やす事、お金を減らさない事

 

【交通事故】追突事故を起こして加害者になってしまったら

事故の加害者になってしまった時にすべき事

f:id:kojiroxando1188:20160922223354j:plain

つい先日、私は居眠り運転で追突事故を起こしてしまいました。そう俗に言うおカマを掘ってしまったのです。

娘2人を同乗させていながら自身の不徳を深く反省している次第です。

幸い相手の方もお気持ちの良い方で、事故当日のお心遣いには本当に感謝しております。

 

実際にどのような対応をしたのか、事故を起こしてしまったらどうするべきなのかを反省の意味も含めて此処に綴りたいと思います。

・事故当日にすべき事

その1.まず相手方に謝罪をし安否と状況確認

まずは相手の方に怪我が無いか、また怪我がある場合はどのような症状なのか、車の損傷状況などを確認しましょう。

詳細は後述に記載しますが、この最悪な状況で初対面となります。必ず誠心誠意を以て対応しましょう。

その2.警察と救急車を呼ぶ

相手の方の安否を確認し、救急車を呼ぶか判断するのですが、一旦相手の方が大丈夫そうなら救急車は保留にし、警察に事故処理の連絡をします。軽い事故などであれば示談で済ませるケースもありますが、警察に事故処理をしていただかないと自分が加入している保険、相手が加入している保険の保険会社から保険金が下りませんので、いずれにせよ必ず呼ぶようにしましょう。

その3.車が自走可能であれば邪魔にならない場所へ移動する

道路で停車したままですと、二次災害に繋がってしまう危険性がありますので、車が自走可能であれば速やかに移動しましょう。移動が難しい場合はそのままにし、レッカーを待ちましょう。

その4.相手の方と連絡先『氏名/住所/連絡先電話番号』を交換する

警察を呼んだ後は到着するまでの間に自身が加入しておる保険会社に連絡を入れるのがベターですが、保険会社から相手方の情報を聞かれますので、可能であれば先に相手方と情報を交換しておきましょう。また、後日相手方へ謝罪に伺うので連絡可能な時間帯やご都合のよい日時なども可能であれば確認しておきましょう。

その5.保険会社へ連絡する

準備が整ったら警察が到着するまでの間に保険会社へ連絡します。すると担当者の方から事故の状況など詳しく聞かれるので、指示に従って答えていきましょう。事故当日若しくは翌日に保険会社から相手方へ連絡がいくので、相手方へ自身が加入している保険会社名と保険会社から連絡がいく旨を伝えておきましょう。

その6.警察が到着し事故処理をして一旦終了

警察が到着したあとは調書を取られますので、速やかに指示に従います。それが終わって相手方も一旦落ち着いたら解散し、後日保険会社とやり取りをしていただく形となります。

・事故翌日にすべき事

その1.相手方へ改めて謝罪連絡、その後の安否と状況確認

小さな事故であっても、身体の怪我はもちろん、精神的にショックを受けてしまうものです。必ず相手方へ連絡をし、その後のお身体の具合などを確認しましょう。

その2.謝罪に伺う日時を調整する

仮に相手の方が断ったとしても必ず一度ご自宅へ直接謝罪に伺いましょう。ただアポ無しで伺っては当然失礼ですし、相手の方もまだ落ち着いていないかもしれません。必ず相手の方へ確認した上で訪問するようにしましょう。

その3.『お詫び状』と『菓子折り』などを持参し謝罪に伺う

持参する『菓子折り』などはあくまでも自身の謝罪の誠意を形にしたものですので特に決まりはありませんが、相手にお子さんがいたりなどの情報が分かっている場合は子供が好きそうなものなど気を遣ってあげましょう。金額は2,000円~4,000円ぐらいのものが無難だと思います。

次に『お詫び状』ですがこちらは定型文を参考にしてもよいのですが、なるべく自分の言葉で手書きで書くようにしましょう。パソコンなどで書くのは絶対にNGです。書いた文字には自分の性格や気持ちが表れますので、きちんと自分の誠意を持って書けば必ず相手に伝わります。文章は白地のものに縦書きで、封筒は白地で2重のものが一般的です。

・事故後に支払う罰金や加算される点数について

その1.事故の原因となった行動

事故の原因違反点数罰金及び罰則

過労運転

(居眠り運転等)

25点

1年以下の懲役

又は300,000円以下の罰金

安全運転義務違反

(よそ見運転等)

2点 9,000円の反則金

上記をご覧いただくと一目瞭然なのですが、居眠り運転とよそ見運転では処分に天と地ほどの差があるのです。

私は運転中にウトウトしてしまい意識がもうろうとしていて気が付いたら車が目の前に...という状況だったのでこれは居眠り運転だと自己判断し警察の方へ報告したところ、なぜか『ボーっとして下を向いていた』という風に調書に書かれ、警察の方がよそ見運転という事にしてくれたようです。私は居眠り運転とよそ見運転の格差を知らなかったので、あとでこれを知って驚きました。気を遣ってくれたのかな?警察の方ありがとうございます。

その2.人身事故で起訴された場合の刑事処分

事故の度合違反点数罰金及び罰則

自身と他の責任による

治療期間15日未満の事故

2点

罰金120,000

~150,000円

自身のみの責任による

治療期間15日未満の事故

3点

罰金200,000

~300,000円

自身と他の責任による

治療期間30日未満の事故

4点

罰金150,000

~200,000円

自身のみの責任による

治療期間30日未満の事故

6点

罰金200,000

~500,000円

自身のみの責任による

治療期間3ヶ月未満の事故

9点

罰金300,000

~500,000円

自身のみの責任による

治療期間3ヶ月以上の事故

13点

懲役刑・禁固刑

罰金500,000円

死亡事故

(自身の過失によるもの)

20点

懲役刑7年以下

禁固刑

次に、人身事故となった場合ですが、これは相手に判断が委ねられるようです。

どうやら警察に人身事故を証明する為に医師の診断書を提出するそうなのですが、その際に『事故の加害者の方に罰を与えたいですか?』と聞かれるそうです。これは裁判所へ起訴するかどうかを問われているようです。

つまり、逆に言えば相手方に自分が良く思われていなかった場合、印象が悪かった場合、対応が悪かった場合などは起訴される可能性が高くなります。

なのでよく医療費は払うから人身事故にしないで欲しいと示談で解決しようとする方もいるようです。

ただ起こしてしまったものは仕方ありません。人身事故によって自らが受けるリスクを考える保身の事よりも、相手にしてしまった事を反省しこちらが誠意を持って謝罪しましょう。気持ちが伝われば相手の方も自分にメリットが無いのにわざわざ起訴してまで罰を与えようとは思わないはずです。

それでも仮に起訴されてしまった場合はそれが自分に対する然るべき罰と思い潔く受け入れましょう。

最後に

私達は人間ですからま時には過ちを犯してしまいます。そして起こしてしまったものは仕方がありません。

肝心なのはその後自分が相手の方にどのように対応するかです。

後になってそれが自分の身に返ってきます。

今回の事故を通じて私はそれをしみじみと感じました。

今後は相手方への反省と感謝の気持ちを忘れず、事故を起こさぬよう努めて参ります。

mobile-lifehack.hatenablog.com

mobile-lifehack.hatenablog.com

スポンサーリンク