モバイルライフハック

生活に役立つ情報まとめ

 

【フレッツ光】『光コラボ』と『フレッツ光』の違い 料金を徹底比較

『光コラボレーション』とは?

f:id:kojiroxando1188:20160716204259p:plain

今やスマホの普及や近年のめまぐるしいIT化によって一家に一回線は当たり前となったインターネット。

そして日本国内のインターネット回線の約7割のシェアを持っているのが皆様もご存知のNTT『フレッツ光』

もう一般の方々も各メディアでお目に触れているかとは思いますが、総務省の決定により2015年2月からNTT『フレッツ光』の光回線卸売が始まりました。

今まではみんなNTTと契約して使っていたインターネット回線『フレッツ光』をNTTが各会社に向けて「光回線をまるごと貸すから、あとは価格とか自由に決めてお客さんに売って下さい」ってなったんです。

簡単に言うと問屋が間に入っただけで、結局使うものは今までと全く同じです。

ただ料金請求に関して、今まではフレッツ光とプロバイダを別々に払っていたものがプロバイダ側(光コラボ提供会社)で一本化されて基本的にはプロバイダ込になります。

ニュースなどでは難しい言葉を並べていますが、なぜNTT並びに総務省が卸売を決断したか個人的な見解を踏まえて一言で言うと、「市場飽和化による加入者数鈍化の改善」が最大の目的だと思われます。

NTTが総務省と約束があるのでホントは回線数を伸ばさないといけないけど、もうフレッツ光の新規獲得は辛いです。好きにしていいからなんとかして下さい」って感じでギブったわけです(笑)

結果、価格競争が始まり各社光回線のサービス提供料金を下げてきたというのが実情ですね。

大手プロバイダーサービス提供会社

OCN、ドコモ、Yahoo!(商品名はソフトバンク光)、BIGLOBE、So-net、plala、@nifty、U-NEXT、@Tcom、AsahiNet、DTI、hi-ho、BB.excite等々…

ネームバリューのあるプロバイダや携帯キャリアは参入しています。

日本国内でプロバイダは約800社あると言われていますから、光コラボ提供会社はこれからもっともっと増えていくでしょう。

主要各社の料金比較 

基本料金戸建て集合住宅備考
BB.excite光 4,360円 3,360円  
NURO光(So-net) 4,743円 無し ソフトバンク携帯とのセット割引有り
ぷらら光 4,800円 3,600円  
DTI光 4,800円 3,600円  
OCN光 5,100円 3,600円  
@Tcom光 5,100円 3,800円  
hi-ho光 5,100円 3,900円  
BIGLOBE光 5,180円 4,080円  
AsahiNet光 5,180円 4,080円  
So-net光 5,200円 4,100円 au携帯とのセット割引有り
@nifty光 5,200円 3,980円  
ドコモ光 5,200円 4,000円 ドコモ携帯とのセット割引有り
auひかり 5,200円 3,800円 au携帯とのセット割引有り
SoftBank光 5,200円 3,800円 ソフトバンク携帯とのセット割引有り

※表示金額は全て税別です。

まとめ

こうして見ると大手だと昔から低価格で有名なBB.exiteが安いですね。

ただ、最近のトレンドはみんなが持っている携帯電話とのセット割引です。

殆どの方が携帯電話はドコモかauかソフトバンクを利用していますよね?

三太郎のCMが記憶に新しいauのスマートバリューのように、せっかく持っている携帯電話とのセット割引を利用しない手はありません。

とは言えセット割引の対象になるのは殆どがスマホですので、自分が使っている機種やプラン、携帯電話会社や自宅の環境などを踏まえた上で自らに適したサービスを選んで下さい。

※セット割について詳しくはこちら

mobile-lifehack.hatenablog.com

auひかりバナー